オサッペの滝

森の奥にある知られざる名瀑

屈斜路湖に注ぎ込む河川はいくつかありますが、尾札部(オサッペ)川はその中でも最も大きいもの。その尾札部川の上流に名瀑があるというのは、あまり知られていません。
滝へ至る道は、川沿いの林道。尾札部川を左に見ながら、森の奥へと車を走らせます。突き当りまでは車で20分ほど、その先は徒歩でさらに川の源流をめざして進んでいきます。道はあってないようなもの。笹藪やけもの道、沢を渡るなどして1時間ほど歩くと、2つの美しい滝が同時に姿を現します。

向かって左側の滝は、落差25mほど。絹糸を垂らしたような繊細な滝です。右側の奥に見える滝は、落差は15mほどですが水量が多く、迫力があります。
森の奥深くで出合う滝はとても神聖で、特別な場所のように感じられるでしょう。

滝へのルートは分かりにくく、ヒグマやスズメバチなどにも注意が必要ですから、地元のガイドに引率を頼むのがおすすめです。また、林道の入山に際しては森林管理署の許可も必要になりますので、ご注意ください。

 

 

 


 

弟子屈関連

  1. てしかがfreetrekkers!

  2. 屈斜路湖畔の宿 ワッカヌプリ

  3. 硫黄山

  4. 佐野民芸

  5. 和琴温泉

  6. 民宿 ましゅまろ