歴史写真館NO.13 町営観光遊覧飛行場 (昭和30年)

 昭和30年7月、町有地61,000㎡と民有地15,000㎡に550mの滑走路と格納庫を整えた公共用としては日本一小さな飛行場が完成しました。

 9月23日には試験飛行を兼ねたセスナ機を迎え、開場式が行われています。翌31年から航空会社が飛行場を借り、観光遊覧飛行の営業を始めました。昭和32年には日本で初めての水陸両用機が配置されたこともありました。

 観光とは別に、商店など宣伝用のビラがセスナ機からまかれたこともあり、子どもたちは空を見上げ舞い降りてくるビラを追いかけました。

てしかが郷土研究会(松橋)

弟子屈関連

  1. 歴史写真館NO.56 陶製の湯たんぽ

  2. 歴史写真館NO.5 廃品回収 (昭和33年)

  3. 歴史写真館NO.84 皆さまに支えられて四半世紀

  4. 歴史写真館NO.116 恵みの水 郷土の自然12 ~阿寒国立公園指定80周年~

  5. 歴史写真館NO.43 北海道国郡全図

  6. 歴史写真館NO.122 川湯温泉誕生に関わった人々