弟子屈町観光振興計画

行きたいまちへ、生きたいまちへ。

町の65パーセントが阿寒摩周国立公園に属している北海道弟子屈町。
世界有数の透明度を誇る摩周湖、日本最大のカルデラ湖である屈斜路湖、多数の溶岩ドームと小カルデラからなるアトサヌプリ火山群。
弟子屈の魅力は生活のなかにあふれているからこそ、
暮らすように旅をして、身近に自然を感じてほしい。
そんな思いを込めて、火山と湖の豊かな自然と人々の暮らしを守り続ける「弟子屈町らしい持続可能な観光」の指針をまとめました。

弟子屈町観光振興計画詳細(PDF4.6MB)

関連記事

  1. てしかが極寒Artフェスティバル開催のお知らせ

  2. バスを使って川湯へGO! 2022年1月無料バス運行中。

  3. てしかがチョコモ、始動しました!

  4. 摩周湖SKYクルーズ運行のお知らせ!

  5. 2020年 森のスノーパーク 開催

  6. 町内各施設の休業及び飲食店のテイクアウト情報(5月8日現在)