夕染の滝・釣鐘の滝(摩周エリア)
人目に触れぬ幻の滝
 屈斜路湖に注ぎ込む河川の一つ、尾札部(オサッペ)川の上流に、幻の滝はその姿を潜めています。川の横を走る林道が途切れるまで20分ほど車を走らせ、そこから更に、笹薮や沢、けもの道をこぎ入り、道なき道を歩くこと30〜40分。川のせせらぎが支配する世界は、水がたたきつけられる音に呑み込まれ、地元の人もあまり知らない滝が2つ、ほとんど並ぶようにその神聖な姿を現します。
 向かって左側、手前にあるのが「夕染の滝」。落差は25mほどで岩肌のコケが美しく、絹糸を垂らしたような繊細な滝です。そして、右側の少し奥にあるのが「釣鐘の滝」で、落差は15mほど。夕染の滝より水量が多く、男性的な様相を見せます。この2つの滝は昔、雄滝・雌滝と呼ばれていたとも聞きます。一帯にはヒグマやスズメバチなどの野生生物が多く生息していますので注意して下さい。地元の人にガイドをお願いした方が賢明です。
また、林道入山には森林管理署の許可が必要です。
根釧西部森林管理署弟子屈事務所 TEL 015-482-2164


夕染めの滝
釣り鐘の滝



てしかがえこまち推進協議会・弟子屈町
Copyright (C) 2009 Teshikaga Navi All Rights Reserved.