アイヌ民俗資料館  [コタン] [観光] 登録日:2009/01/27 17:21

◆住  所弟子屈町字屈斜路市街地1‎
◆電話番号015-484-2128
◆詳  細アイヌの人々の息吹きが聞こえてくる・・・昔からアイヌの人々が暮らしていた屈斜路湖畔のコタンに建つ前衛的な外観の建物。これは釧路市立博物館や湿原展望台の設計で日本建築学会賞を受賞した、釧路市出身の建築家毛綱毅曠氏の設計で建てられたもので、入口に並ぶ7本の列柱は宇宙の時間を象徴する聖数7を意味し、本館の円形ドームは天円地方宇宙の建築構造を、内部に立つ31本の柱は山と森を象徴しています。 展示物はユーカラの森、コタンの大地、コタンの移り変り、山野を駆ける、コタンを支える人々の5つのテーマからなり、マルチスコープの上映もあります。アイヌの人々の暮らしや文化の息吹きが聞こえてきます。
 
池の湯  [屈斜路] [観光] 登録日:2009/02/18 16:29

◆住  所弟子屈町屈斜路湖池の湯
◆詳  細屈斜路湖に面しており、砂湯から南へ2kmほどのところにある。直径15mの正に池のように大きな混浴の露天風呂。国道から離れているため屈斜路湖本来の静けさが残っている。湯温は38℃とかなりぬるめだが夏場なら大丈夫。対岸の山並みに陽が沈む夕方は特におすすめ。天気が良ければ湖面を黄金色に染めながら傾いていく夕日を望んでの湯あみが楽しめる。男女別の脱衣所あり。冬場は湯気のなかに白鳥も姿を見せ、人間同様、白鳥のあいだでも人気上昇中の露天風呂です。
 
ウォータースポーツ交流公園  [屈斜路] [観光] 登録日:2009/02/16 16:18

◆住  所川上郡弟子屈町字屈斜路603
◆電話番号015-484-2180
 
キンムトー  [屈斜路] [観光] 登録日:2009/01/27 16:57

◆詳  細人知れず眠る沼「キンムトー(沼湯)」硫黄山の南側に広がる薄暗いまでの原始林の中、人目を避けるかのようにひっそりとたたずんでいるのがキンムトー。ここには流れ込む川はなく、雨水や雪解け水がたまってできた沼で、面積は4.17ha、最深部で6.5m程です。昔は、周囲に数カ所温泉が湧き出ていましたが、現在はわずかにわき水が出ている程度で温泉は止まっています。沼とその周辺は静寂に包まれ、鳥の声、エゾシカの足跡なども多く、動物たちの憩いの場となっているほか、トンボなど昆虫たちがたくさん生息しています。キンムトーへは川湯エコ・ミュージアムセンターから散策路が整備されています。硫黄山の横を通る片道約7kmのルートで、徒歩約2時間ですが、ヒグマやスズメバチなどの野生生物が多く生息していますので注意して下さい。また、林道も通っていますが、林道入山には森林管理署の許可が必要です。鳥が羽を休め、訪れた人々の目を楽しませます。
 
屈斜路湖  [屈斜路] [観光] 登録日:2009/01/27 16:54

◆詳  細九州の阿蘇カルデラをしのぐ、日本最大の屈斜路カルデラのなかに横たわる巨大なコバルトブルーの湖。川湯温泉の西2.1kmにあり、周囲57km、面積79.3平方キロメートル、最大深度117.5mの日本で6番目(カルデラ湖で1番)の大きさを誇るカルデラ湖です。湖心に浮かぶ中島は、淡水湖内では日本一大きい島で、周囲12km、面積5.7平方キロメートルもあるのだからその巨大さが想像できるはずです。湖を望む3つの峠に立ち、眼下に広がる雄大な原生林に囲まれた湖を見下ろし、どこまでも広がる天空の青を見上げたとき、あなたはあまりのスケールの大きさに、思わず声を上げたくなるでしょう。 屈斜路湖はキャンプ、ヨットやウィンドサーフィンなどのウォータースポーツ、フィッシング、温泉浴などで賑わうリゾート地の顔ももっています。また、冬期間は全面凍結しますが、地熱が高く一部解氷部分が出来ることから、毎年400〜500羽の白鳥が羽を休め、訪れた人々の目を楽しませます。和琴半島、砂湯、釧路川河口・源流域、屈斜路湖の伝説、日本一の氷丘脈
 
コタン共同浴場  [コタン] [観光] 登録日:2009/02/19 11:41

◆住  所弟子屈町屈斜路古丹
◆電話番号015-484-2833
 
コタンの湯  [コタン] [観光] 登録日:2009/02/18 16:47

◆住  所弟子屈町屈斜路古丹
◆詳  細和琴半島と砂湯を結ぶ道路沿いのアイヌ集落にある露天風呂です。 この露天風呂は地域の方により毎日清掃されているため、いつでも手入れが行き届いているきれいな露天風呂です。屈斜路湖までの距離はたったの5メートルで、お風呂に入るとまるで湖と一体になったような錯覚をしてしまうほど。露天風呂の真ん中に大きな岩が置かれ男女別に分けられていますが、奥側はつながっているので混浴というほうが正しいでしょう。 夕方は山々へ沈む太陽を見ながら、夜は満天の星空の下、また冬は白鳥を見ながら・・・北海道の大自然を感じることができる露天風呂です。
 
砂湯  [屈斜路] [観光] 登録日:2009/02/19 11:59

◆住  所川上郡弟子屈町屈斜路湖畔砂湯
◆電話番号015-484-2254(期間中のみ)
◆詳  細砂浜を掘ればたちまち露天風呂の出来上り。  砂湯は、文字の通り屈斜路湖畔の砂浜を掘るとたちまちに温泉が出て露天風呂になります。 キャンプ場も有り、湖で水浴びした後は砂を掘って温泉浴が楽しめる。 冬は渡り鳥の「オオハクチョウ」が羽根を休める姿を見に訪れる人々が多いところです。 常に湯煙を浜全体から立ち上げていて、のんびりした気持ちになります。砂湯は観光バスが立ち寄る屈斜路湖畔でも中心的役割を担っている景勝地です。
 
津別峠  [和琴] [観光] 登録日:2009/01/27 16:30

◆詳  細道道津別〜屈斜路線の津別町との境界付近から、さらに北側に登りつめた標高947mの地点が津別峠です。4峠のうちでもっとも高く、和琴半島を前景に屈斜路湖を南側から望むため、湖面に奥行きがあり、煙りを噴く硫黄山や、藻琴山、斜里岳などの背景も素晴しく、その眺望は圧巻です。一つだけ残念なのは、冬期間は雪のため道路が閉鎖されることです。きっと、雪化粧した展望も最高だと思うのですが。
 
仁伏温泉(にぶしおんせん)  [屈斜路] [観光] 登録日:2009/03/24 15:01
 
◆住  所川上郡弟子屈町仁伏温泉
◆詳  細 川湯から砂湯へ向かう途中、右手に数軒の宿泊施設が集っている場所、それが仁伏温泉です。 弟子屈町に数ある温泉場の中でも、北海道の大自然を一番感じることができる温泉場です。 無色透明の湯がこんこんと湧く仁伏温泉は、まさに湖畔の宿で、屈斜路湖をへだてて対岸に聳える標高1,000mの藻琴山の姿も美しく雄大です。 泉質は単純泉32〜46度で、神経痛・運動器障害などによく効きます。 また、温泉旅館前には四体の仏像がありますが、これは四国八十八カ所霊場の移霊を信者が発願し、昭和3年に建立したものです。 屈斜路湖をへだてて、名峰藻琴山を真正面から望む景色は素晴しいものがあります。川湯、摩周温泉とは一味違う仁伏温泉で日頃の疲れを癒してください。
 
美幌峠  [和琴] [観光] 登録日:2009/01/27 16:37

◆詳  細4つの峠のうち最もポピュラーで、日本有数の大パノラマ展望と称されるのがこの美幌峠です。国道243号の網走管内美幌町との境界をなす、標高525mのこの峠からは、屈斜路湖と中島が真横に展開する、まさに天下の絶景が展望できます。ここは昭和28年の映画「君の名は」のロケ地になり一躍有名になりましたが、40年の月日がたっているにもかかわらず、その美しさは少しも変わっていないのです。この峠に立ったとき、あなたはあまりのスケールの大きさと美しさに、きっと声を失うでしょう。
 
ポンポン山  [屈斜路] [観光] 登録日:2009/01/27 16:48

◆詳  細冬でも緑の不思議な世界 ポンポン山はサワンチサップ(帽子山)の南麓にあり、川湯温泉から屈斜路湖へ3.4km程にある仁伏温泉付近の登山口入口から約2km、約1時間の道程で行くことができます。この山はおもしろい山で、山の上に立って地面を踏むと、内部が空洞になっているかのようにポンポンと音がするといわれ、そこでポンポン山と呼ばれています。また、アイヌ語のポンポンヌ(小さな各所から吹き出している熱泉)が語源になっているともいわれています。付近一帯は地熱が高く、冬でも雪が積もらずコケなどが緑を保っています。このため、厳寒期でも体長6〜12mmほどのコオロギの仲間マダラスズがジィージィーと鳴く、不思議な世界を作り出しています。夏は森林浴やバードウォッチング、冬は歩くスキーに最適のポイントです。
 
藻琴峠  [屈斜路] [観光] 登録日:2009/01/27 16:33

◆詳  細屈斜路湖を北側から見下ろす藻琴峠の眺望は、美幌峠とはまた違った趣があります。道道網走〜川湯線の網走管内東藻琴村との境界をなすこの峠には、川湯寄りの標高430mの地点に藻琴山展望駐車公園、そして、より上部の標高620m地点に藻琴山の登山基地となる展望台の2カ所が整備されています。いずれも屈斜路湖はもちろん、硫黄山や阿寒の山並みの遠望は素晴しく、その雄大さに美幌峠以上と評価する人もいるほどです。
 
夕染の滝・釣鐘の滝  [屈斜路] [観光] 登録日:2009/01/27 16:45

◆詳  細人目に触れぬ幻の滝 屈斜路湖に注ぎ込む河川の一つ、尾札部(オサッペ)川の上流に、幻の滝はその姿を潜めています。川の横を走る林道が途切れるまで20分ほど車を走らせ、そこから更に、笹薮や沢、けもの道をこぎ入り、道なき道を歩くこと30〜40分。川のせせらぎが支配する世界は、水がたたきつけられる音に呑み込まれ、地元の人もあまり知らない滝が2つ、ほとんど並ぶようにその神聖な姿を現します。 向かって左側、手前にあるのが「夕染の滝」。落差は25mほどで岩肌のコケが美しく、絹糸を垂らしたような繊細な滝です。そして、右側の少し奥にあるのが「釣鐘の滝」で、落差は15mほど。夕染の滝より水量が多く、男性的な様相を見せます。この2つの滝は昔、雄滝・雌滝と呼ばれていたとも聞きます。一帯にはヒグマやスズメバチなどの野生生物が多く生息していますので注意して下さい。また、林道入山には森林管理署の許可が必要です。
 
和琴温泉  [和琴] [観光] 登録日:2009/02/18 16:45

◆住  所弟子屈町屈斜路湖半和琴
◆詳  細自然探勝した後は、露天風呂で汗をながそう。目の前に広がる屈斜路湖を眺めながら入る露天風呂は、おおらかな気分になること間違いなし。真冬には湖岸に白鳥も訪れ、白鳥と一緒に入浴、なんてこともしばしば。脱衣所から浴槽までコンクリートが敷かれているから足を汚さずに入浴できるのがうれしい。湯温は約40℃あり快適な入浴が楽しめる。また、徒歩3分のところに和琴キャンプ場があるためキャンパーの利用も多い。キャンプ場で1泊したついでに、人が少ない早朝や夕方に入浴するといいかも。温泉の泉質は単純泉で神経痛・運動器障害に効くといわれています。
 
和琴半島  [和琴] [観光] 登録日:2009/03/27 11:56

◆詳  細アイヌ語でワッコチ(魚の尾のくびれたところ)と呼んでいた和琴半島。半島の頭に当たる部分は、屈斜路カルデラの中から噴出した溶岩円頂丘で、先端部のオヤコツ地獄は今でも火山活動を続けています。また1時間ほどで巡る自然探勝路には、北海道ならではの動植物や景勝・温泉などそこかしこに見られます。夏は、大勢の観光客とキャンパーで賑わいをみせ、冬には、温泉と白鳥が訪れる観光スポットです。名物「いも団子」などが売っているお土産屋さんも充実。
 

<以上、16件の該当がありました>



 

社団法人 摩周湖観光協会