屈斜路コタンアイヌ民俗資料館

  • アイヌ民俗資料館

アイヌの人々の息吹きが聞こえてくる・・・

昔からアイヌの人々が暮らしていた屈斜路湖畔のコタンに建つ前衛的な外観の建物。これは釧路市立博物館や湿原展望台の設計で日本建築学会賞を受賞した、釧路市出身の建築家毛綱毅曠氏の設計で建てられたもので、入口に並ぶ7本の列柱は宇宙の時間を象徴する聖数7を意味し、本館の円形ドームは天円地方宇宙の建築構造を、内部に立つ31本の柱は山と森を象徴しています。
展示物はユーカラの森、コタンの大地、コタンの移り変り、山野を駆ける、コタンを支える人々の5つのテーマからなり、熊まつりのスライド上映もおこなっています。アイヌの人々の暮らしや文化の息吹きが聞こえてきます。

 


 

住 所
弟子屈町字屈斜路古丹
TEL
015-484-2128
開 館
今年(平成31年)のみ、暦の都合で4月27日~10月31
入場料
大人(高校生以上)・・・420円(団体:350円)
小人(小・中学生)・・・280円(団体:200円)
※団体は20名以上

【休館中の問い合わせ】
弟子屈町教育委員会社会教育課(TEL:015-482-2948)まで


弟子屈関連

  1. コタンの店

  2. 片瀬自然ガイド事務所

  3. 美幌峠

  4. 硫黄山

  5. コタン共同浴場

  6. 栗田民芸店